兵庫高校山岳部

登山装備

Q2.ガソリンストーブのメリット

Q:ガソリンストーブには何のメリットがあるのですか?

A:なんだかえらい言われようですね。たしかに、最近のガスストーブはネックだった火力、とくに低温状態でのそれもかなり改善されたし、 ガスボンベも入手しやすくなって、ほぼオールマイティ状態です。操作もママレンジ並み。なにしろ遠征隊ですらガスストーブの時代です。 しかし、ガソリンストーブにも長所があります。第一に、火力が強い。特に低温下での強さはやはり魅力です。 調理器具としての性能をストーブに求めがちですが、山用のストーブの本来の目的は、雪を溶かして水を作る、湯を沸かす、生水を煮沸消毒するなどです。 こうした観点から見るなら、気象条件にさほど左右されないガソリンストーブの火力に強さは第一の長所です。 操作が複雑、と言う声も良く聞きますが、慣れの問題です。コールマンの製品などはかなり改良されてきているようです。 また、燃料自体が液体ですから、山行の長短に応じた量を持って行くことができます。 それにからボンベというやっかいなものも出ません。この点でも、液体燃料は楽です。 さらに、アフリカやアジアへの徒歩旅行など、かなりの僻地に長期間出かけるとしたらガソリンストーブ、それも部品交換によって灯油なども使えるのが絶対でしょう。 燃料が現地で調達できるのもかなりの魅力です。 たしかにガソリンは引火点がたったの−40度という危険きわまりない燃料です。ストーブの操作や使用は慎重でなければいけません。 そういうめんどくささを避ける意味からも、ガスストーブの人気が高いと思われます。 しかし、ブランド品や山男の雰囲気が出るので効率優先で切り捨ててしますのには惜しい逸品です。









VISITOR