兵庫高校山岳部

新歓合宿2016




新歓合宿
兵庫高校山岳部に過去に経験のない奇跡が訪れた。なんとなんと新入部員10人!!2桁!!あまりの嬉しさに2週間くらいにやけていた。 晴れて山岳部は17人の大所帯となったのである。 割と歩くスピードは速かったけれど、一年生はばてた様子もなく元気であった。 新歓合宿の舞台は例年通り再度公園の近く。 4テン3つと6テン2つを張ってから夕食作り。ディナーはスパゲッティである。くわちゃんがチャッカマンを持っていたのでやけどの心配なくコンロに火をつけた。 ウッディはチタンの食器を持っていて、先生がそのことにやたら反応していた。 夕食の片付けを終え、お楽しみの宴タイムである。はっしー先輩曰く「食べなければ始まらない」ということで、 なにかゲームをするでもなく、しばらくひたすらお菓子を食べた。さくぞーが持ってきたお菓子はがっきー先輩の好みの物が多かったようで、がっきー先輩は大変嬉しそうであった。 ポッキーがあったのでまんちゃんとポリデント三世がポッキーゲームを始めた。まさがその動画を撮っていた。 みんなで写真撮ろう!ということになり、まさの一眼で撮ることになった。まさがセルフタイマーセットしてくれている。 いつ撮るのかいつ撮るのかとまっていると「セルフタイマーってどうやってセットするんやったっけ?」 とまさがつぶやき、みんなズッコケそうになった。みんなで人狼ゲームをした。がっきー先輩とムニエルとむーさんが人狼。漆黒の星月光は理由もなく人狼かと疑われまくっていた。 占い師のまさに占われむーさんはあっさり人狼だとばれた。かんとくは人狼ゲームで、ずっと静かだったので「ムッツリか」とつっこまれていた。 戦線離脱した数人+まだ生き残ってるしらたきで6テンに入ってウノをした。 テントの中で人狼仲間のムニエルと、「がっきー先輩、全然疑われてへんな。やばいな!」と言いながらひょっとしたら人狼チームが勝つのでは?と思ったが、市民チームの勝ちだった。 さくぞーは先輩が持ってきたサングラスをかけて遊んだのち、まんちゃんにもサングラスをかけさせていた。 一段落ということで、みんなで一度再度公園の方まで行って寝転びながら星を見た。空が思ったより明るかっためそれほど満天の星空ではなかったけれど、みんなで星を見るのは楽しかった。一年生はぐるぐる回ってUFOを呼んだりしていた。またテン場に帰ってウノを始めた。負けた人が翌日の朝に豚鼻をつけるという罰ゲームつきだったのでみんな必死である。デオキシリボ核さんはポリデント三世に対して「めっちゃ好きやで」とか言いながらドロー2やドロー4を出されるのを防ごうとしていた。 結局時間の都合上、完全に 決着はつかなかったけれど、負けたのはぼたんだった。 消灯時間になったのでゲームも終了、眠りについた。 翌朝、朝食は山岳部名物コールドドックである。先生も合わせて18人分の魚肉ソーセージはおびただしい量だった。 ご飯の準備と並行してテントの撤収を始める。さくぞーがロールマットを畳もうとすると、なぎちゃんがさくぞーの分をすでに畳んでいた。さくぞーは感激しすぎてありがとうを連呼していた。 コールドドック、味は安定の微妙さだった。パンを焼いていないためパサッとしていて口の中の水分が全て吸い取られる感じであった。 ご飯も食べ終え、テント撤収も終え、テン場に別れを告げて新神戸へ向かった。ちなみに豚鼻の存在はみんなの脳内から消え去っていたため、ぼたんは罰ゲームを免れた。 途中布引の滝によって、一年生みんなで手を三角にして山ポーズで記念撮影をしていた。 無事新神戸に帰り着き、上沢まで電車に揺られて学校に帰ってきた。 最後にみんなで集合して感想を言った。一年生が楽しかったと言ってくれて何よりである。今までは少人数合宿だったけれど、大人数もなかなか楽しい。これからの夏山合宿などが非常に楽しみである。


文章:むーさん


VISITOR